6月10日(日)いつもの中央排水路に行ってきました。

この日の予報は、雨。

電車での釣行で雨は最悪です

雨具など荷物が多くなるし、雨宿りできる場所が少ない。

端から見てるとかわいそうな人たち。

それでも釣りに行くのが釣りバカです。

この日の状況

天気
気温(最高/最低) 21℃/18℃
風速 4~5m
水温 未計測
水質 マッディ(いつも通り)

予報では午前中から雨でしたが、12時頃まではなんとか持ちました。
13時過ぎには完全防備しないと釣りには厳しい状況でした。

釣行記

7時過ぎに最寄駅に到着し、雨に降られる前に釣っちゃいたいので、速足で釣り場に向かいます。

鉄骨水路

到着してびっくり。

結構、先行者が6人ほど。

先日、小バスの活性が高かった、水路には、車が2台。

完全に叩かれちゃってますね。

雨降る前にっていう考えはみな同じです。

でも鉄骨水路に関しては、先行者と狙っているレンジもトレースラインも基本違うので、そんなに問題なしです。

釣り開始後、10分ほどで、20cm程の小バス1本ゲット。

ヒットルアーは、溺愛と安定のメガバス グリフォンMR-X。

幸先いいスタートかと思いきや、そのあと沈黙。

ヘラ台付近

水路の河口付近にあるヘラ台に入ります。

いろいろ試すも反応なし。

小バスでも釣れればいいや~と思いながらオーバーハングにゲーリーのイモグラブ(4inグラブのテールカット版)をスキッピングで入れると、やっぱり小バスさん。

イモグラブ最強説は未だ健在。

この日卸したてのダイワの18カルディアLT2000 S-XHで釣れたのよし。
ただ、ドラグもくそもなかったのが残念です。

I Knew It !!

その後、人が多いので普段いかないエリアにも行ってみましたが、やはり人。

雨の前っていうタイミングのせいで時間的な分散がなく、固まってしまったんでしょう。

諦めて、人が少ないヘラ台のポイントに入ります。

杭やブッシュが点在するポイントで、杭周りをデラクーなんかでチェックしてみましたが反応なし。

いるとしたらブッシュだと思うのですが、ハードルアーで狙えるルアーは少ない。
手持ちの中でチョイスしたのが、バグリーのバルサB2。

浮力が高くあまり潜らないので、水面のブッシュに絡めたら。。。

ブッシュを超えた瞬間にバフッ!と水面を割るバイト。

上がってきたのは、30cmジャスト位のバス君でしたが、フックを外している途中に逃走。。。

写真は撮れなかったですが、あのBASSマスタークラシック2004を制した大森貴洋さんのウイニングルアー バルサB2で釣れたのが最高に嬉しい。

釣れたシチュエーションもルアーも相まって、まさしく「I Knew IT !!」です。

共通点はルアーだけですけどね(^_^;)

この後、雨が本降りになったのでここで終了。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

ダイワ 18ブレイゾン 6102MB

シマノ 17スコーピオンDC 100HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ12lb

ネコリグ、イモグラブで使用

ダイワ クロノス662LS

ダイワ 18カルディアLT 2000s-XH

バークレイ スーパーファイヤーライン0.8号

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事