ようやく暖かくなってくる3月半ば。
バスもそろそろ釣れだすころかなと釣りの準備をはじめてみたものの「この時期ってどんなルアーが釣れるんだ?」とか思ったことはないでしょうか。
春は産卵がらみのデカバスがうんたらかんたら。。。

そんな頭をもう一度、整理しながらしっかり戦略立てて、春バスを狙っていきましょう。

スポンサーリンク

春バスの特徴

春(3月)から初夏(6月)は、数もサイズも狙える、バス釣りのハイシーズンです。
ただし、何をやっても釣れるわけではありません。

春は、スポーニング(産卵)の為、バスが冬ば水温が安定していた、ディープ(沖側)から、シャロー(岸際)によってきます。
シャローに近寄るということは、オカッパリでも狙いやすくなります。
そして、産卵をするわけですから、体力をつける必要があり、積極的に餌を食べます。

簡単に言うと、これが春にバスが釣れやすく理由です。

とはいえ、前述の通り、なんでも釣れるわけではありません。
それは、スポーニングにも段階があり、行動や反応する餌が異なるからです。

3段階のスポーニング

スポーニングには、3段階あります。

産卵準備の為、積極的に餌を食べ始める、プリスポーン(産卵前)

産卵中で、縄張りも守るで、餌をあまり食べない、ミッドスポーン

産卵後、体力回復に努める、アフタースポーン

この3つの状態を意識する必要があります。
そして、この状態は、フィールドによって異なり、しかも、日々変化するので、その状態を掴むのは決して簡単ではありません。
※なので、何月~何月というのもあくまで目安です。

それぞれのスポーニングの特徴と有効なルアーを頭にいれておきましょう。

プリスポーンの釣り方(3~4月初旬)

3つの段階のうち、最もコンディションがよく、釣りやすいのが、このプリスポーンです。
産卵準備の為、積極的に餌を食べるため、ルアーの反応がいいのです。

ただし、3月は、まだ三寒四温の気候なので、寒い日にはディープよりバスが行って、餌も積極的に追いません。
とはいえは、完全にディープには行かずブレイクライン(駆け上がり)周辺にいることが多いです、つまり、この時期の狙う場所は、ディープに隣接したシャローエリアです。

餌が食べやすいシャローと水温が安定している、ディープが近い最高の場所にバスはいます。

そして、デカバスは、子バスよりも、早くプリスポーンに入るため、デカバスを狙うなら3月初旬~中旬がおすすめです。

おすすめルアー

メガバス X-80 トリックダーター

定番のジャークベイトです。
活性が高いときは、ジャーク&ストップ(5秒)の繰り返し。
メガバスのX80は、ただ巻きでもクランクベイト並みにウォブンロールでしっかり泳ぎ、誰にでも簡単にジャークができます。
サイズも丁度よく、おススメです。

ノリーズ クリスタルS & クリスタルS シャローロール

広く、効率よく探りたいときは、スピナーベイトも有効です。
この時期は、ゆっくり目に引きたいので、クリスタルSのシャローロールもおすすめです。

ジャッカル ソウルシャッド

冷え込んで、バスがディープに寄ったり、活性が下がったりしたら、シルエットの小さなサスペンドシャッドがおすすめです。
ソウルシャッドは、ただ巻きでもよく釣れ、トゥイッチでも反応いいです。
早巻きのリアクションで釣れることも多いので、何やっても釣れないときは、試してみてください。

ミッドスポーンの釣り方(5月)

ミッドスポーンは、スポーニングベッド(産卵床)で、卵や稚魚を守っています。
その為、積極的に餌を追いません。

この時期は、スポーニングベッドから外敵を追い出す、「怒り」の反応で、口を使います。

なお、スポーニングベッドは、シャローのハードボトムに作られることが多く、目視できる事もよくあります。
卵や稚魚を守る親バスが釣られてしまうと当然、卵や稚魚は他の魚に食べられて、バスの数が減ってしまいます。

スポーニングベッドを狙うかどうかは、個人の自由ですが、釣ったら速やかに写真を撮って、逃がしてあげるのがいいでしょう。
スポーニングベッドの近くに、すぐに水中に戻すとまたベッドに帰っていきます。

おすすめルアー

ジャッカル フリックシェイク

バスをイライラさせて、怒らせたいので、フリックシェイクのジグヘッドワッキーで、ボトムや中層をネチネチ攻めます。
ミッドスポーンは、何度も何度も同じバスの鼻先にルアーを通すイメージで操作するのがおススメです。

OSP ゼロワンジグ

ミッドスポーンの定番、ラバージグです。
ボリュームのあるクロー系のトレーラーがおすすめです。
赤系カラーが実績もありおすすめです。

アフタースポーンの釣り方(5月中旬~6月初旬)

アフタースポーンは、産卵で体力を使い果たしたバスが、ゆっくり回復に努める時期です。
体力がないので、餌は食べたいけど、動きの速いベイトフィッシュ系は追いきれません。

なので、エビなどの甲殻類や木から落ちてきた虫をメインに食べます。
水面や水中をふわふわ漂うもの、ゆっくり落ちてくるルアーに反応がいいです。

アフターから回復すると積極的に餌を追うため、巻物やトップにも反応がよくなります。

おすすめルアー

ゲーリー イモグラブ40

この時期はノーシンカーがおすすめで、中でもイモグラブはおススメです。
人によっては、イモグラブで釣れなければその魚は、釣れないとまでいうくらい、よく釣れます。
ダウンショットでも実績が高いの場所によって使い分けるのがおすすめです。

ノリーズ チビエビガエル

エビパターンと言えば、このルアー。
もちろん、虫パターンにも効きます。
アシ際をネチネチ誘ってみましょう。

メガバス グリフォン SR-X

この時期は、アフターから回復した魚も混じるので、広範囲に探るならクランクベイトも有効です。
メガバスのグリフォンは、巻くだけでオートマチックに釣れるので、おススメです。
サイズも小さいので、トップ風に使って、虫パターンも可能です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事