ここ数年で一気にメジャーな釣りスタイルとなった、ベイトフィネス。
ベイトリールのキャスティング精度と太めのライン(8lb前後)で、スモラバや小型ルアーを使用するスタイルです。

今まで、スピニングタックルじゃないと難しかった重量のルアーのキャストを技術の進化でシビアなセッティングやキャスト技術なしに、ベイトでできるのは、大きなメリットです。

最近は、各メーカーが、「ベイトフィネスにも使えるリール」を多数出していますが、個人的には、「ベイトフィネス専用リール」をおススメします。
ベイトフィネスもできるリールは、ロッドとのセッティングにもよりますが、5gぐらいまでは、普通程度のキャスト技術があれば誰でも快適にキャストできます。
ですが、「1g前後のスモラバ + トレーラーワーム」の3.5g前後になってくるとそれなり技術が必要になってきます。
専用リールは、この3.5gくらいの重量の投げやすさが全然違うのです。

とはいえ、「じゃあ専用リールって何なのさ?いくらなのさ?」というこれからベイトフィネスをはじめてみようと思う方向けに2018年版 最新のおススメベイトフィネスリールを載せてみました。

2万円台

安心しておススメできるのは、この価格帯からになってしまいます。
汎用性が高く、よく売れるベイトリールと比べると専用設計リールなので、どうしても高くなってしまいます。

スコーピオンBFS(シマノ)


実売価格 25,000強

シマノの大人気スコーピオンシリーズのベイトフィネスモデルです。
上位機種のアルデバランBFSと同じ、「FTB」というブレーキシステム、そしてベイトリールながら、スピニングのようなドラグ音がなる「エキサイティングドラグサウンド」を採用しています。
性能的には、アルデバランと同等で、違いは、重量(アルデバラン:130g、スコーピオン:165g)と使用している素材です。

あと5,000円出せば、軽いアルデバランBFSが買えるので、少しもったいない価格設定ですが、十分な軽さと剛性感、キャストフィールは流石シマノです。

スコーピオンBFSの最新価格はこちら↓

アルファス エア(ダイワ)


実売価格 25,000強

こちらもダイワの大人気シリーズ、アルファスのベイトフィネスモデルです。
3.5g程度もしっかり投げれます。
ダイワは、ベイトフィネスに関しては、少し先を言ってる感じがします。

ベイトフィネスリールには、キャスト直後から安定して、しっかりブレーキがかかるマグネットブレーキシステムと軽量ボディ、軽量スプール必要です。
最初シマノは、ベイトフィネスモデルも遠心ブレーキで出してましたが、今はFTBというマグネットブレーキを採用しています。
このことからも、元々マグネットブレーキを開発とリールの軽量化をしてきたダイワに利点はあります。

ただし、最近ではほとんど差がないと言っていいレベルです。

このアルファス エアも素晴らしいリールですが、やはりスコーピオンBFSと同様、5,000出せば、上位のSS エアが買えるので、人気としてはイマイチな状態です。

Revo ALC-BF7(アブ)


実売価格 25,000強

軽量、パーミングのしやすさ、マグネットブレーキに関しては、アブも負けてはいません。
このリールも重量141gと軽量で低重心設計でパーミングしやすいです。

ただし、アブは昔から「ちょっとチューニングする前提」的なところがあります。
もちろんこのままでも素晴らしいリールなのですが、ベアリングを変えたり細かなチューニングをすると劇的に化けるのです。
マグネットブレーキの設定も少しピーキーです。

そういったカスタマイズ要素も含めると素晴らしいリールですが、やはり上位機種との価格差がもったいないです。


Revo ALC-BF7の最新価格はこちら↓

3万円台

この価格帯が、各メーカーのベイトフィネスリールの主戦場という感じでしょうか。
下位の機種と実売価格だと5,000円程度しか違わないので、どうせ買うならこちらの価格帯をおすすめします。

アルデバラン BFS(シマノ)


実売価格 30,000円強

シマノで軽量ルアーと言えば、アルデバランです。
そして、その中でもベイトフィネス専用設計が、このアルデバランBFS。
130gとベイトリール最軽量クラスです。
その為が、スコーピオンBFSよりも若干軽いルアーが投げやすいような気がします。

シマノ派の方には、最もおススメできるリールです。


アルデバランBFSの最新価格はこちら↓

SS エア(ダイワ)


実売価格 30,000円強

2014年発売ですが、いまだに根強い人気があるベイトフィネスリールです。
後継機が出ていないのもありますが、ダイワ派の方にはおススメできるリールです。

アルファス エアよりも、若干軽量ルアーが投げやすいように感じます。

おススメできるリールですが、そろそろ2019年あたりには、後継機が出てもいいのでは。。。と勘ぐってしまいます。


SS エアの最新価格はこちら↓

Revo LTX-BF8(アブ)


実売価格 30,000円前後

最軽量の129gという驚異的な軽さのリールです。
性能は素晴らしいですが、やはりひと手間かけないとダイワ、シマノと比べると若干落ちるという感じ。
ただし、カスタマイズをすれば、同等以上の性能を引き出せます。

カスタマイズ好きな人におススメです。


Revo LTX-BF8の最新価格はこちら↓

4万円以上

ここのクラスになると、性能はもちろんですが、好みの問題になってきます。
もちろんおススメはできますが、価格とみあっているかは、個人の判断になります。

カルカッタコンクエスト BFS(シマノ)


実売価格 40,000前後

巻物リールと言えば、シルキーな巻き心地のカルカッタコンクエスト。
そのベイトフィネスリールが、カルカッタコンクエストBFSです。

重量は、200gとベイトフィネスリールとしては、重いですが、その分剛性感は、折り紙付きです。
重量を考えると、3g程度のスプーンや小型クランク、ミノー等、巻きもの系ベイトフィネスリールとして扱うのがおすすめです。


カルカッタコンクエストBFSの最新価格はこちら↓

T3 エア(ダイワ)


実売価格 50,000以上

発売後、何年も経っているのに未だにベイトフィネス最強リールと言われるのが、このT3 エア。
3g程度のルアーをしっかりキャストできるのはもちろんですが、「来年は後継機が出るのでは?」と言われ続けて、未だに出てこないのは、完成度の高さからでしょう。
価格も相当なものですが、ベイトフィネスを極めたい方は、おススメします。

番外編

SV ライトリミテッド(ダイワ)


実売価格 40,000強

2018年発売予定の新製品、SV ライトリミテッドです。
軽量ルアーのバーサタイルモデルですが、ベイトフィネスにも高次元で対応しているそうです。
ただし、並木さんも「本当に軽いものを投げるなら、エア系のベイトフィネス専用を使ってください!」と言っている通り、オカッパリで1台でベイトフィネスも中量級ルアーもという人向けのリールだと思います。


SV ライトリミテッドの最新価格はこちら↓

Piscifun(ピシファン)SAEX ELITE + シャロースプール


実売価格 1万円強

ピシファンという謎のメーカーのリールです。
amazonで見つけて、まだ購入はしてませんが、スペックやレビューを見ると値段の割にかなり良いらしく、どうしても高額になってしまうベイトフィネスリールに風穴を開けれるか見ものです。
金銭的に余裕があるときに購入して、インプレしてみたいと思います。


ピシファンの最新価格はこちら↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事