利根川と渡良瀬川の合流地点の近くに流れる、渡良瀬旧川。
位置的には、埼玉県北部。

川というには、流れが少なく、どちらかというと野池に近い雰囲気です。
そんな渡良瀬旧川は、足場がよくバス釣りがしやすい人気スポットです。

そんな渡良瀬旧川のポイントを紹介します。

渡良瀬旧川の釣行記は、こちら >> 初釣り場、渡良瀬旧川で小バスゲット

渡良瀬旧川の特徴

旧川ふるさと公園と隣接している、川というより、野池のような場所です。
時期にもよりますが、全体的に浅く、減水期は釣りがしにくいです。

釣り場の目の前に駐車場があり、ファミリーフィッシングにもおススメ。
最寄り駅は、新古河駅ですが、徒歩20分くらい掛かり、近くにコンビニもない為、電車釣行にはあまりおススメできません。

全体的に足場は良いですが、一部足場が高いところがあるので、落水には十分注意してください。

渡良瀬旧川のポイント

上流部は、浅く、泥底がメインなので、おススメポイントは、下流側に集中しています。

北川辺排水機場前

渡良瀬旧川で1番メジャーで、人が多いポイントです。
このポイント自体が、野池のようになっていて、旧川を含めると、3本のインレットと1本のアウトレットがあり、常に新鮮な水が供給されています。

同時に当然、人も多く、インレット周辺は、入れ替わり立ち代わり釣り人が入ります。
しかし、確実にバスはいるので、ダウンショットやジグヘッドワッキーなどで、確実にバスをゲットしましょう。

ゲーリーヤマモト レッグワーム 2.5インチ

ダウンショットなら、定番のレッグワームがおすすめです。
フィールドを選ばず、バスをつれて来てくれます。

ジャッカル フリックシェイク

ジグヘッドワッキーなら、フリックシェイクです。
なまめかしい動きは、水に落ちた、ミミズそのもの。

東部日光線 前

東部日光線前(旧川側)です。
ここは、渡良瀬旧川の中では、比較的深く、ゴロタ場になっています。
水深があれば、春におススメのポイントです。

クランクベイトやスピナーベイトで効率的に探っていきましょう。

ノリーズ クリスタルS シャローロール

スピナーベイトは、シャローをゆっくり引けるノリーズのシャローロールがおすすめです。
特に春バスに効果的です。

メガバス グリフォン SR-X

クランクベイトは、メガバスのグリフォンがおすすめ。
小型ですが、カクカクとしっかりアピールします。

水深を考えると、SR-Xがベストです。
満水時であれば、MR-xがいいでしょう。

ポンプ場 対岸

ポンプ場の対岸です。
バスが回遊してくるルートになっています。
根掛かりもしやすいので、小型のスピナーベイトで、岸際を流していくのがおすすめです。
魚が散る、秋におススメのポイントです。

エバーグリーン Dゾーン フライ

小型スピナーベイトは、エバーグリーンのDゾーンフライがおすすめです。
小型ながら、ゆっくり引いても、早めに引いても、バランスを崩しにくく、Dゾーンの強いアピール力も健在です。

ポンプ場前

ポンプ場周辺は、ゴロタが転がっているので、春におススメです。
クランクベイトやスピナーベイトで効率的に探ってください。

川の合流地点

今回紹介する中で、1番上流のポイントです。
流れが少ないフィールドなので、川との合流地点は、ベイトフィッシュが溜まる絶好のポイントです。
ミノー等のジャークやトゥイッチがおすすめです。

メガバス ヴィジョン 95

魚を浮かせる能力が高いのがヴィジョン95です。
固定重心のサイレントなので、プレッシャーも与えにくく、ジャークやトゥイッチをした後に、「ブルブルッ」と震えの動きが効果的です。

メガバス X80 トリックダーター

濁りや流れが強い時は、X80 トリックダーターがおすすめです。
ヴィジョン95 よりもウォブリングが強くアピール力があり、流れの中でもしっかり泳ぎます。

あとがき

駐車場が近く、足場もいい、ちゃんとやれば小バスの数もそこそこ釣れる貴重な釣り場です。
初心者の方やファミリーで公園にピクニックがてらの釣りもおすすめです。

渡良瀬旧川で、他にも情報ありましたら、是非、教えてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事