デュエルより、2018年の新製品、3DB ナックルベイトが発売されました。

日米共同開発のニュースタイルワイヤーベイトとの事。

そのスペックや使い方、アクション動画を紹介していきます。

ナックルベイトの特徴

ニュースタイルワイヤーベイト、ナックルベイトとはなんぞや?

その特徴を解説します。

スペック

サイズ 14g(1/2oz) タイプ シンキング
フック #5/0 レンジ オールレンジ

サイズ展開は、1/2ozのみ。
今後、フィールドに合わせられるように3/8oz なども展開していきそうですね。

ナックルボール

なんと言っても、最大の特徴は名前の元になっている、ナックルボールでしょう

スピナーベイトであれば、ブレードがついている位置に、スーパーボールのようなボールが1つついています。

このボール、フラッシングでアピールする、プリズムボール音でアピールするサウンドボールの2種類あるらしく、状況に応じて使い分けられます。

さらに紫外線発光するらしいので、朝夕マズメや夜釣りにも効きそうです。

ナックルベイトの使い方

フォール

ナックル(無回転)ボールが、フォール中、ブルッブルッと震えながら、シミーフォールしてアピールします。

マッディーシャローのアシ際や野池のオーバーハングにノーシンカーワームをフォールさせる容量で投げると釣れそうです。

ただ巻き

ただ巻き時は、ナックルボールの性能が一番発揮されます。

フラッシングや音でのアピールと、一瞬バランスを崩す、千鳥アクションでバスを誘います。

また、アクション動画を見てもらえるとわかりますが、ロッドを立てて、水面を引くバジング(ガーグリング)では、すごい引き波を立てているので、トップとしても使えそうです

ボトムバンプ

ラバージグの容量でボトムバンプします。

ここでも、リフト&フォールしたときにナックルボールが振動と音、フラッシングでアピールするので、ラバージグよりもアピールが強く、ボトムのサーチに最適そうです。

ナックルベイトのアクション

バジングが強烈なインパクトがありますね。

実際、デカバスも釣れているようなので、期待大です。

価格

ホームページ上では、オープン価格となっていますので、amazon等で最新価格は確認してください。

あとがき

バイングからボトムバンプまで、全レンジ攻略可能で、スピナーベイトの特徴であるスナッグレス性も高い。

サーチベイトはこれ1つでOKと言わんばかりのスペックですね。

キワモノなのか、スタンダードになるのか、これからに期待ですね。

購入したら是非インプレしたいと思います。

個人的には、前々から言われている、スピナーベイトはシーバスに効くの進化版として、ナックルベイトをシーバスに使ってみたい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事