2018年8月4日(土)

江戸川、板橋、手賀沼など首都圏各地で花火大会が開催されたこの日。

都内で開催される花火大会にはさほど興味がないので、いつも通り釣りに出かけました。

この日の状況

天気 晴天
気温(最高/最低) 37℃/28℃
水温 未計測
風速 0~1m
水質 マッディー

朝から晴天無風。

この時期に無風は地獄です。

午前中は風が吹かない厳しいコンディションでした。

釣行記

今日は新川からスタート

始発で向かい最寄駅に着いたのは、6時10分過ぎ。

この日は、新川をメインに攻めようと思っていたので、てくてく歩いて向かいます。

到着して目に入ったのは、先行者が4人ほど。

ちょっと人多すぎませんかね。。。

そんな事行っててもしょうがないので、釣りスタートします。

クランクベイトやチャターで暫く流しても、アタリなし。

無風で体感温度が高く、ちょっとしんどい。

小バスがストックされているヘラ台のポイントに入って、流していると4~5mくらい先でガサガサ。

なんと釣り人が入ってきました。。。

草が生い茂ってるので、もしかすると気づいてないのかなと思いつつ、ある程度わかりやすいように音を立てたり、着水音立てたりしてたんですが、思い切りクロスしてキャスト。

普通にラインが絡まっても気にせずキャスト。。。

確かにその人が狙っているポイントはバスがつきやすい場所なんです。

なので、先に僕も狙っていたんですが。。。

こういう事する人って、言ってもわからないタイプなので、諦めて移動しました。

過去にこういう事する人に注意というか、「こちらが先に入ってるポイントですし、せめてクロスしてのキャストはやめてもらえますか?」とお願いしたところ、言い合いになったことがあります。
そんな事、言われた事は一度もない!お前が悪い!」とわけのわからない言い分をしてくる人だったので、言うだけ無駄なんだな~と思ってます。

新川なんてポイントの宝庫なので、一つのピンスポットに固執するのは時間の無駄。

気を取り直してポイント移動。

前回よかった水門、インレット周り

前回、新川に来たときは水門などインレット周りが好調だったので、同じくそこを中心にランガン。

しかし、前回とは水量が全然違います。

少ない。。。

前回がドバー!と流れてたのに対して、チョロチョロ~という感じ。

バスの反応も皆無。

結局は夏の定番スポットが良かった

風も日陰もほとんどなく、体力消耗、先行者も多いという事で、花見川に移動を決断。

途中、普段、反応がイマイチなので、余り打たないポイントが良い感じのシェードになってるのを発見。

ちょろっとやってみると。。。

すぐバイト。

小バスですが、ようやく釣れて一安心。


ヒットルアーは、いつものゲーリーヤマモト ファットイカ

ありがとうファットイカ。

同じポイントで、引き続き丁寧にシェードを売っていると。。。

また出た。

良い感じ。

更に続けていると。。。

小バスでも釣れたらやっぱり楽しいもんです。

まだまだ行けるかな?とキャストを繰り返していると。。。

ネガカリ。

そして、ロスト。

補充を忘れていて、この日はこの一本しか持っていなかったファットイカ。

代わりになるようなシルエットのワームも持ってないし、暑すぎるのでいいタイミングだとこの日は、これで退散。

午前中で計3匹。

花火大会の混雑に巻き込まれないと思えばいい引き際かな。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

シマノ×ジャッカル 18ポイズンアドレナ 166ML-2

シマノ 18アルデバランMGL 30HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ 14lb

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事