2018年9月16日(日)

前日の土曜は、ほぼ1日雨。

翌日曜日は、曇り予報だったこともあり、釣りに行きたかったものの断念。

そして、当日は午前中は花見川でバス釣り、午後は練馬のキャッチ&イートでまたも釣りという釣りバカスケジュールでした。

この日の状況

天気 くもり
気温(最高/最低) 27℃/20℃
水温 未計測
風速 1m
水質 マッディー

水温計忘れたので計測してませんが、前日の雨の影響かいつものポイントはやたらと水が冷たかった。
水中はもう秋にシフトしているのかもしれないですね。

釣行記

午後に練馬のキャッチ&イートに行く約束をしていたので、午前中のみの釣行。

当然、始発で向かいます。

6時半前くらいに現地に到着。

いつものポイント

この日はいつもと違って風が弱く、前日が雨だったこともあり、朝マズメはトップがよさそうな雰囲気。

いろいろ投げてはみるもののノーバイト。

ちょっとレンジを下げてOSPドライブシャッド。

でもこれもダメ。

それなら抑えのイモグラブ。。。

やっぱりだめ。。。

前回来た時と大分状況が変わっている様子。

ウォーターシューズを履いているので、水の中に足を突っ込んでみると明らかにこの前より冷たい。

前日の雨の影響でしょう。

やみくもに今まで釣れてたルアーを投げても効率が悪いので一回頭を整理します。

秋の影響が強ければ、天気も天気なのでバスはカバーに固執してないはず。

その場合は、カバーにひたすらタイトに打つよりもポイント含めて広範囲に狙った方がいいけど。。。

まずはカバーにタイトについていない事を確認する為、今いるポイントを丁寧に狙います。

すると。。。

よやく1匹目ゲット。


ヒットルアーはいつものゲーリーヤマモト イモグラブ

アシ際、かなりタイトです。

その後も狙い続けてると。。。

またも小バス君ゲット!

っが、写真撮る前にポロンッ。。。

気を取り直して続けてると際の際にキレイにチョウチン状態に。

そのまま、チョンチョンしてるとバフッとバイト。


ヒットルアーは、バークレイのパワーホッグのテキサスリグ

やはりかなりタイトのようです。

ただし、バイト数がいつもより圧倒的に少ない。

これは雨で水温が下がった影響かな。。。

とはいえ岸際ギリギリとチョウチンでも反応するということでゲーリーヤマモト ファットイカのチョウチンを試していると。

ウシガエルさん。

バイトが激しいからタチが悪い。

帰り際のポイントチェンジ

時間を見ると11時。

12時前には、電車に乗りたいので、残りは30分くらい。

帰りの途中にあるポイントをチェックしようと移動。

このポイントが当たりのようで、小バスと小ギルの群れ。

そして、ルアーの反応がすこぶるいい。

と言っても10~15cm位の豆バスですが。。。

アシの横をトップで通すと。。。

10cm強の豆バス君。


ヒットルアーは、メガバスのポップX

トップを投げると引き波立てて追ってくるのが楽しい。

ただ学習能力が高いのか追っては来るけどバイトせず状態。

先程のポイントと比べて、なんでこんなに反応が違うのかな~と思いつつ水に入ってみると暖かい。

やはり雨の影響で急に水温が冷えてそれを嫌がってた可能性が高いですね。

敵水温より下がってしまったのかもしれません。

時間も無くなってきたので、簡単に釣れるのだけ釣って帰ろうとまたもイモグラブをアシ際に落としてみると。

やっぱりいました。

トップに追っかけてくるやつよりは、サイズ上がって202~3cmくらい。

続けてキャストしてるとまたきた。

これもイモグラブ。

それにしても本当にアシギリギリにいます。

スキッピングでアシにぶつけるくらいの感覚でキャストしないとバイトせず。

時間が来たので今日はここまで。

午前のみ6匹。

結果的にはいつも通りな釣果ですが、季節の変わり目なので、これが続くのか疑問です。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

シマノ×ジャッカル 18ポイズンアドレナ 166ML-2

シマノ 18アルデバランMGL 30HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ 14lb

ネコリグ、イモグラブで使用

ダイワ クロノス662LS

ダイワ 18カルディアLT 2000s-XH

バークレイ スーパーファイヤーライン0.8号

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事