今回は弁慶フィッシングクラブさんに初めてお邪魔しました(^^♪
都内&電車釣行でブラックバスと言ったら、弁慶さん!!
というくらい昔からメジャーなところなのは知っていたのですが、それと同時に釣れない。。。という噂が多く、避けてきたフィールド。
とはいえ弁慶さんのHPや通われている方のブログを拝見していると結構釣れてる様子なので、それならば一度行ってみよう♪ ということで行ってみました!(^^)!
※弁慶さんのブログを見てると1日で10匹以上釣られる常連さんもいるみたいです!すごい!

スポンサーリンク

久しぶりの手漕ぎボート

当日は、晴天というか所謂、真夏日です。
到着したら、受付でお金を支払います。

一人で乗る場合は、3,000円
僕は友人と二人乗りなので、合わせて5,000円です。
※ルアー釣りの人は、2人乗りまでです。
土日に朝一から釣りする方は、予約が必要です。
詳しくは、弁慶さんのHPをご覧ください。

釣りの準備が終わったら、スタッフの方に船を出してもらいます。
ライフジャケット、ネット(タモ)、メジャー付きのトレイは、無料で借りれるので、持ってない方は借りましょう。
特にライフジャケットは必須ですので、必ず、持参するか借りてくださいね!(^^)!

都内に引っ越すまでは、アルミでエレキ踏んでたので、手漕ぎボートの釣りは2回目。
ドキドキです。


いざやっみると、操船がめちゃくちゃ難しいです。。。
風で煽られまくりで方向転換や微妙な方向調整をするのも大変(-_-;)
常連さんが、長いポールのようなものや小さいオールを使っている理由がわかります。

アンカーを下せばもちろん安定はしますが、個人的にあまりアンカーは好きじゃないのです。
上げ下げで、少なからずお魚さんにプレッシャー掛かってしまうのと釣りのリズムが掴みにくくなるので。
まあ、風で既につかめてないんですけどね笑
ポイントに近づきすぎたり、変な水流作ったりするだけで釣れなくなったりするのを以前ホームにしていた津久井で嫌という経験しています(-_-;)
なので、ポイントでは極力エレキを踏まないという人も多いと思います。
手漕ぎボートになってもそのアプローチに間違いはないと信じています笑

初弁慶バスGet

そんな中、四苦八苦しつつ、ひたすらノーバイトで、午後も14時くらい。。。
暑すぎて、橋の下で避難しながら釣りをしていると、橋脚の方に向かうバス発見(^_-)-☆
橋脚と橋脚の間から、係留されているボートの隙間にノーシンカーをスキッピングで入れると。。。
ラインが一瞬、ピンッっと跳ねるアタリ!!
巻き合わせ上がってきたのは。。。

26cmの小バスちゃん♪
弁慶さんは、ネットやメジャー付きトレーを貸してくれるので、サイズわかります笑

ヒットルアーは、多分もう廃盤のベイトブレスのティアドロップ。
カラー名は、不明ですが、パープル系です。
これ本当に再販して欲しい。。。個人的にはゲーリーのイモより釣れると思ってます。

ワーム禁止前の河口湖で、溶岩帯にはノーシンカー、ワンドではダウンショットでアホみたいにつれました!(^^)!
もし売ってるところ見かけた方はご一報いただけると本当に喜びます!(^^)!

その後もいろいろポイント回って、ゲーリー4inグラブのグラビンバズで20cmくらいのを追加。

さらにバラシてしまいましたが、推定40cmのバスがヒットしました。
こちらもグラビンバズ。

僕がグラビンバズで釣ってたの15年以上前なんですが、本当に釣れるワームやリグはこれだけ各社から色々なルアーが出てる中でも釣れちゃう★
時代関係ないですね♪

弁慶さん本当に楽しめました(^^♪

池袋の自宅から、ドアドア約30分と距離的にも最高なので、通わせていただきます★
スタッフの方も明るく元気で親切な方ばかりで気持ちよく釣りができます♪

スポンサーリンク

タックルデータ

ロッド:abu ホーネットスティンガープラス HSPS-664L
リール:ダイワ トーナメントエアリティ2000
ライン:PE1号
ルアー:ベイトブレス ティアドロップ、ゲーリーヤマモト 4インチグラブ

この日の歩数

5,815歩(4km)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事