バス釣りのだいご味の1つのトップウォーターの釣り。
バスがルアーに襲い掛かる瞬間が見えるこの釣りは、興奮度ではトップではないでしょうか。

そんな魅力あふれるトップウォーターの釣りの定番ルアーである、ポッパー
その使い方を解説します。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

ポッパーとは?


出典 メガバスHP

ポッパーは、トップウォーター(水面)プラグの1つで、「ポコッ」というポップ音を出すルアーです。

トップの釣りは、バス釣りのだいご味の1つですが、「イマイチ釣れる気がしない」と思ってる人も多いのではないでしょうか。
その中でもポッパーは、バストーナメントでウイニングルアーになることもあるほど、爆発力があるルアーです。

特徴と使い方を理解して使えば、ポッパーで、もっとバスは釣れます。
おすすめのポッパーも紹介しますので、良かったら参考にしてみてください。

3種類の使い方

ポッパーには、大きく分けて3種類の使い方があります。
※呼び方は、人によって変わるので、参考程度にしてください。

「ポコッ!ポコッ!」とポップ音を出す、ポップ

飛沫を飛ばす、スプラッシュ

左右に首を振らす、ドッグウォーク

この3つをフィールドや状況で使い分けることで、よりバイトの数が増えます。

ポップ(音)

ポッパーと言えばこれ!という使い方です。
ロッドを下向きにして、軽く水面を叩くようなイメージで振ると、「ポコッ」とポップ音がなります。

強くロッドを振れば大きなポップ音が出るのでアピール力が上がります。

アピール力はあるけど、移動距離を少なくできるので、ピンポットでも広いエリアでバスを引き寄せることも可能です。

水面が波立ってるなど、バスが水面のルアーに気づきにくい時におすすめの使い方です。

おすすめルアー

レーベル ポップR

ペンシルベイトと言えば、へドンのザラスプーク。
ポッパーと言えば、レーベルのポップR と言われるくらいポッパーの代名詞的なルアーです。
ポッパーの基本が詰まったルアーで、その派手すぎないポップ音は、様々な状況でバスを引きだしてくれます。

OSP ラウダー

OSPのラウダーは、ロングノーズで、カップが大きく深いです。
これにより、より大きなポップ音が出せるので、よりアピール力が欲しい時におすすめです。

スプラッシュ

飛沫を飛ばす、スプラッシュ。
ポップ音が、ロッドで水面を叩くようなイメージなのに対し、スプラッシュは、ロッドで水面を切るようなイメージで振ると飛沫が飛びやすいです

小魚が追われて逃げている音や飛沫に似ているので、バスが餌を追いかけているときに有効です。

おすすめルアー

エバーグリーン ワンズバグ

エバーグリーンのワンズバグは、スプラッシュに限らず、ポップもドッグウォークをやりやすい、バランスのいいポッパーです。

ドッグウォーク

左右に首を振りながら移動距離を少なくアピールできる、ドッグウォーク。
ポップ音を出すときのように、ロッドを下向きに軽く振って、すぐに戻し、ラインスラック(ラインをたるませる)を取ってください。
これを「チョンッチョンッ」とリズムよく繰り返すと左右に首を振ります。

バスが、魚を追っているような状況では、少し強めに飛沫を飛ばしながら。
水面に落ちてくる虫を食べているようなときは、飛沫は飛ばさず、やさしめにネチネチとするのが有効です。

おすすめルアー

メガバス POP-X


日本のポッパーの代名詞とも言える、メガバスのポップX。

水を受けるカップに、穴が空いている独特な形をしています。
その形状のおかげか、水をよく噛み、ネチネチとしたアピールが得意です。
バスが虫を食べているときには、おすすめです。

使い分け

3つの使い方の基本的な使い方を解説します。

水面の状況で判断

水面が波立っている時は、バスがルアーに気づきにくいので、迷わずポップです。
波立ち具合によって、弱め、強めのポップ音を使い分けてください。

バスの捕食音で判断

もし、ボイルが発生していたら、まず音を聞いてください。

「ガボッ!」や「ボコンッ!」などの音なら、ポップ音。

バスが小魚を追っていて、「バシャバシャ!」というよな音なら、スプラッシュやドッグウォーク。

音があまりなく、落ちてきた虫などに反応している場合は、着水後、10秒程度待ってからドッグウォーク

よく状況がわからない時は。。。

バスが捕食行動していないし、状況もよくわからない場合は、ポップ音を出してください。
まずは、岸際、そして、沖も狙ってください。
ポップ音は、バスの活性を一気に上げる効果もあり、何もないように見えるところやディープでも下から食いあげてくることがあります。

基本を押さえて、是非、得意なパターンや独自の使い方をあみだしてみてください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事