いつもの埼玉野池に行ってきました。

前回、4月前半に行ったときは、スポーニングベッドを作ってメスを待つオスでいっぱい

ゴールデンウィーク前ということもあり、そろそろアフターの個体も増えてるだろうと期待を胸にいつも通り寝坊して向います。

そもそも、元々は小貝川&牛久沼に行く予定だったんですが、二度寝した結果、行きやすい野池になっただけ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

この日の状況

天気 晴天
気温(最高/最低) 29℃/15℃
水温 20℃
風速 2~3m
水質 ステイン(いつも通り)

前日から急激に気温があがり、この日は29℃まで気温上昇。

半袖で十分な天気。

水温も20℃と状況的にはいい感じ。

まだ続くスポーン

前日、朝から土浦に行っていたのもあり、寝坊。

最寄駅に着いたのは、10時過ぎ。

お昼ご飯を食べてから、11時過ぎに釣りスタート。

岸際に立つと目の前に30cmくらいのバス。
その周りを45cm位のメスバスがうろうろ。

完全にスポーニングベッド。

他にも4つくらいスポーニングベッドがあり、まだまだミッドスポーンな雰囲気

小バスとギルはうじゃうじゃいるが。。。

ベッドとは別にいくつか15~25cm位の小バスやギルが集まっているポイントがあり、徐々にアフター時期の雰囲気も出ている様子。

とはいえ、ここの小バスは賢いので全く口を使いません。

釣行記

まずは手堅くダウンショット

小バスもいることだし、まずは手堅くダウンショットで1匹釣っときたい。

定番のレッグワームでシェイクするものの音沙汰なし。

アフターならこんな所いるよな~なところも無反応。

この時点で雲行きが怪しい。

ゲーリーヤマモト レッグワーム

アフターを意識してヘビキャロ

ダウンショットで無反応なので、次はもう少し、広範囲を効率よく探ろうと、OSPのドライブクロー4inをセットしたヘビキャロに変更。

いい感じでふわ~っと漂うドライブクロー。
されど、当たりはなし。

たまーに、ギルっぽいバイトがあるくらいでイマイチな感じ。

池を1周してみたけど、結局ダメ。

OSP ドライブクロー4in

釣り堀状態の場所で試行錯誤

そんな中、一緒に来た友人と合流。

どうやら見え小バスを釣るのに試行錯誤している模様。

確かにこれだけ、見えてると釣りたくなります。

僕も試しに狙ってみますが、見事に無視。

まずは、イモグラブのリフト&フォール
→無反応

イモグラブの水面引き
→ちょっと反応するけど、ギルのバイトのみ

それならと4inグラブのグラビンバズ
→イモグラブの方が反応よし

これでダメならあきらめようと、最後にノリーズのパドチューでスプリットショットにしたら、狂ったように反応

これは釣れる!と確信して、キャスト。
バイトはするものの小バスだからか、超ショートバイトで、しっかりと口に入ってない。

惜しい~。。。その後、何投か目にどかからともなく現れた、まともなサイズの魚体が狂ったようにバイト

フッキングはバッチリ。

そのまま抜きあげて釣れたのが35cmのアフターくん。

最近全然バスが釣れてなかったので一安心。

しかし、パドチューの反応にビックリ。

どれだけ他のワームを投げても無反応だったのにこれだけスイッチ入ってバイト。

難点は、余り売ってない事。

ノリーズ製品全般に言えますが、人気なのか製造の問題なのか1回品切れになってから再入荷が数か月後、場合によっては1年後が当たり前なので、見つけたら余分に買っておくことをおすすめします

リトルエスケープツインなんて、ここ2~3年店頭で見てません。

ノリーズ パドチュー

この日はこの一匹で終了。

夕マズメにボイルが何度かあったので次回はトップでも出したいですね。

タックルデータ

シマノ エクスプライド 164L/BFS

シマノ 17スコーピオンBFS XG

サンライン FCスナイパー 8lb

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事