2018年5月26日(土)

今週も行ってきました、印旛沼。

最近、お気に入りです。

前回は、僕が、今回は、友人が寝坊。

友人より、20分ほど、早く着いたので、先に釣りを開始します。

この日の状況

天気 曇り時々晴れ
気温(最高/最低) 25℃/16℃
水温 未計測
風速 1~4m
水質 マッディー(いつも通り)

この日は、午前中は風が強く、午後に弱まる状況でした。

釣行記

いつも通りの鉄骨水路

いつもの如く、鉄骨水路からスタート。

ここが駅から、一番近いポイントなのと、必ずバスをストックしているという確信の元の選択。


前回は、メガバスのグリフォンでバスをゲットした場所。

前回と同じでは、つまらないし、釣りの引き出しを広げる為にも今日は、ノリーズのフラチャット1/4ozでスタート。

マッディーな水質、鉄骨水路だけど岸際にタイトにキャストしないとバイトが出ない(少ない)ので、チャター位強いルアーなら、多少、キャストミスしてもバスが気づいてバイトするのでは?という考えでの選択です。

しばらく流してみても、反応なし。。。

単純にバスがいなかった可能性もありますが、チャターでは強すぎたのかもと思い、前回同様、メガバスのグリフォンMR-Xにチェンジ。

しばらく流すとほぼ足元で、バイト。。。からの即バラシ。。。
魚体確認できましたが、20cm位の小バス君。

やっぱり、小型のクランクベイト位の強さが丁度いいのか、その後も流してるとまたもやバイト。

今度は、しっかりキャッチで25cm位のバス君。



今回も幸先のいいスタート。

隣のホソには小バスがフラフラ

続いて、隣のホソをチェックしに行きます。

前回は見えなかった15cm位の小バスやギルがフラフラ泳いでいるのが、見えます。

川村光太郎氏プロデュースのボトムアップ・ブレーバー5inをドリフトしながら流している若干の違和感。
確認程度にゆっくりロッドを煽るとなんと15cm位の小バス。。。

アタリ全くわかりませんでした。
ゴミが絡まったレベル。。。

しかし、ブレーバーはバイトの数が圧倒的です。

その後も乗せられなかったり、バラシたりもありましたが、今回、一番バイトがありました。

さすが、プリンス。

カラーは、DOZEU(ドジョウってことですかね)。

午後は新規ポイント開拓

午前中、小バスとはいえ2匹ゲットできたので、上機嫌。

午後は、新規ポイント開拓。

隣の少し大きめの流入河川に行きます。

雰囲気あれど、他と比べるとバスをストックするには少し弱い感じ。

河口側は、ベイトが多く、フィーディングタイムになったらかなり良さげ。

一通りチェックしたので、岸際を打ちながら戻ります。


途中、杭が密集しているエリアがあったので、ゲーリーのファットイカを超スローに動かしていると。

20cm位のバス君。

よくその小さな口で、上アゴきれいにフッキングしたと感心です。

締めは鉄骨水路でクランキング

大分、日も落ちてきたので、最後は、いつもの鉄骨水路でクランキング。

グリフォンだと同じでつまらないのと、もう少し急潜行して欲しかったので、同じくメガバスのディープX100で。
最近では、LBOモデルが発売されましたが、僕が持っているのは、旧モデル、しかも、くぼみリップ。
20年以上前のルアーです。

これが当たり。。。と言っていいのか、数投したら。。。

15cmくらいのバス君。
お母さんを連れてきてほしいものです。

日も完全に落ちたので、この日は、これで終了。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

ダイワ 18ブレイゾン 6102MB

シマノ 17スコーピオンDC 100HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ12lb

ネコリグをメインにベイトフィネス

シマノ エクスプライド 164L/BFS

シマノ 16アルデバランBFS XG

サンライン FCスナイパー 8lb

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事