今回、インプレするのは、ダイワのSS SV 103Hです!(^^)!
Sが多い(^_^;)

先日、シマノのスコーピオンMg100のインプレでも書きましたが、僕は、個人的に巻物には軽量リール派です。
スコーピオンMgでも十分だったんですが、物欲の強い僕は、なんとなーく新しいリールが欲しいな~なんて思ってしまい、ネットで調べはじめました。

スポンサーリンク

リール選びの条件

条件は、
・実売価格で、15,000円以内(お金ないんです。。。)
・軽い!!スコーピオンMgと同等レベルの軽さ
・電車釣行メインなので、1台広範囲をカバーできるオールラウンダー
・できればダイワ

ずっとシマノ派だったんですが、最近のダイワは、剛性も飛距離も巻き心地もシマノに引けを取らないという情報を聞き、実は、陰でずっと憧れていた、外部ダイヤルだけでブレーキ調整できるダイワリールにしようと決めたのです(^_^;)

元々、ダイワのリールは見た目も結構好きだったのもあり、抵抗はありません♪

さてそんな条件で、絞られたのは、
SS SV と アルファス
です。

ネットでの評価は?

いろいろネットで情報収集をしてみたところ、アルファスの評価の高さがすごい!!
僕が知ってるアルファスは、最初期の薄紫色のアルファスだったんですが、今は、黒?とシルバー?っぽい感じなんですね!
昔からコスパが高いリールだったんですが、評価は相変わらずのようでした。

では、SS SVのネット上の評価はというと。。。普通。。。
どのインプレとか見ても、癖なくて良いリール程度の評価。。。

定価が、約40,000円なので、アルファスと比べると評価が厳しくなるのはわかりますが。。。
割と最近モデルチェンジしたアルファスとちょっと前に出たとはいえ、SS SVの中古価格が一緒というのは。。。

それでも、SS SVを選んだ理由は、軽さです。

アルファス:175g
SS SV  :150g

150gって。。。
そこまで軽いリールそうそうないですよ(^_^;)
後は、見た目ですね。 
個人的に今のアルファスの色使いがどうしても好きではなく。。。 
そんなこんなで、SS SVを中古で購入しました。

触った瞬間、「軽っ!!」と思いました!(^^)!
次にハンドルくるくる~っとしてみて。。。あれ。。。?
なんか、巻き心地微妙。。。サーーッって小さいなノイズというか昔のダイワリールと全く同じ巻き後心地。。。
中古品だからですかね(^_^;)
それともSS SVはこういうリールなんですかね(';')

お店でジリオン TWをくるくるした時は、「めっちゃスムーズ!!本当にシマノと差がない!!」と思ったんですが笑
さて、本題のインプレです笑

スポンサーリンク

スペック

ハンドル一回転の巻取り量:67cm
ギヤ比:6.3
自重:150g
最大度ラグ力:4kg
最大糸巻き量:14lb→90m、16lb→ 80m
ハンドル長さ:80mm
ベアリング:7/1 (ボール/ローラー)


やはり特筆すべきは軽さですね!!
とにかく軽いです!(^^)!

後は、SVスプールという事。
SV(ストレスフリーバーサタイル)とは、すっごい簡単にいえば、バックラッシュしにくいよ、重いルアーも軽いルアーも同じ設定で投げれちゃうよって事です。

見た目は、若干安っぽいところもありますが、結構好みです♪

飛距離

飛距離は、必要十分って感じです。
特別、よく飛ぶな~って感じではないです。

スコーピオンMg1000と同じくかちょっと飛ぶ位。
ただ、 SVの恩恵で、楽に飛ばせて、バックラッシュの不安はほぼないです。
マグブレーキ緩をめてけば、もちろんバックラッシュもしますが、SVスプール使えますね!(^^)!

ダイワらしい、めちゃくちゃ実践的なリールです♪
但し、僕のキャストスキルの問題もありますが、軽めのルアーのピッチングはちょっと浮きやすいので、少しきになります(^_^;)
そもそも、飛距離を重視したリールではなく、近くのポイントをピンスポットでテンポよく撃っていくリールだと思います。
その為の疲れない軽さと、レベルワインダーも余計にラインを放出しないようにTWではなく、正直、めっちゃライン通しにくい小さい穴になっているんでしょう(^_^;)

巻き心地

一番不安視してた、巻き心地は、ルアーつけて巻いてみると全く気になりませんでした♪
このリールと比べるべきは、やはり、スコーピオンMg1000です。
あの巻き感度を超えられるかに全て掛っています。
実際、クランクベイトを投げて巻いてみると、感度もかなりいいです!!
スコーピオンMg1000と同じくらいに水中の情報を伝えてくれます!(^^)!

まとめ

飛距離も巻き心地も十分(^O^)/
皆さんの評価が、普通なのもうなずけます笑
高次元でまとまっていて、癖が全くない超実践向きリールです。
なので、これといった宣伝文句もなく、イメージとして、つまらないリールに見えるのかもしれません。

ただ、実際使ってみて、一番気に入ってるのは、ものすごいライナーでルアーが飛んでいくところです(';')
スコーピオンMg1000を何も意識せずに投げると緩やかな放物線を描いて飛んでいきますが、SS SVは、ライナーで直線的に飛んでいきます。
飛距離は似たりよったりでも軌道が全然違います!
これはオーバーハングや早めのテンポて流していく時、バズベイトとか着水後すぐに巻き始めたい時に非常に有利です。

Abuのホーネットスティンガープラス(HSPC-664M MGS)との組み合わせで使っていますが、シャキッとしたシャープなロッドと合いますね♪
まさしく、ダイワのロッドとベストマッチって感じです!(^^)!

SS SV 評価

※全て個人的な感想です

コスパ :★★★★☆
飛距離 :★★★☆☆
巻き心地:★★★☆☆
軽さ  :★★★★★
見た目 :★★★★☆

兎にも角にも、実践的なリールです。
軽めのルアーのピッチング以外、ストレスをほとんど感じません。
是非、ダイワやAbuのシャキッとしたロッドと組み合わせて、弾丸ライナーでマシンガンキャストしてください♪

おすすめできるリールです!(^^)!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事