2018年7月16日(月)

三連休の最終日、またも花見川に行ってきました。

この日は、久しぶりに一人での釣行。

朝もちゃんと起きれて、万全の態勢。

この日の状況

天気 晴天
気温(最高/最低) 36℃/27℃
水温 未計測
風速 1~3m
水質 マッディー

相変わらずのえげつない暑さ。
一人での釣行で何かあっても困るので、しっかり熱中症対策していきました。

釣行記

実績ポイントでスタート

この日は、前回、前々回と好調だったポイントでやりきろうと決めていたので、真っ先に向かいます。

人気ポイントなので、先行者がいる可能性も高かったのですが、運よく入れました。

まずは、トップで釣れたらいいなの感覚で、バズベイトやウェイクベイトでテンポよく全体をサーチ。

無反応。。。

そんな簡単ではないようで。

やはり反応が良いのは、一段下のレンジ。

前回同様、OSPのドライブシャッドに変えるとすぐに。。。

最初の1匹が釣れると心にゆとりが出ますね。

その後、4キャスト3ヒットというフィーバー状態

小バス君には大当たりみたいです。

OSPドライブシャッド

ルアーローテーション

ドライブシャッドでのバイトが途絶えたので、ルアーチェンジ。

18アドレナとアルデバラン30MGLでどれくらいまでカバーできるか確認も含めて、フリックシェイクのジグヘッドワッキ(0.9g)ーにチェンジ。

快適ではないけど、投げれます。

操作性は、ナイロン14ポンドなので、良くはないですが、バスは釣れてくれました。

ここからしばし沈黙タイ。。。

ジャッカル フリックシェイク

シェード攻め

お昼頃になり日もかなり高くなったタイミングで、良い感じにシェードが出てきました。

ここからは、ゲーリーファットイカの独壇場

チョウチンメインでばしばしバイトがあります。

ただし、のらなかったり、カバーが濃くてスタックしてバレたり。。。

それでも何とかゲット。

よく口に入ったと思えるサイズまで。。。

定番ですが、チョウチンメソッドは釣れますね。

ゲーリーヤマモト ファットイカ

巻物でも釣りたい

チョウチン釣りは、確かに飽きない程度バイトはあるんですが、チョンチョンの作業がこの猛暑の中ではつらい。

それと単純に巻いて釣るのが好きなので、巻物にチェンジ。

数投後、ボトムに当たった瞬間にヒット。

ルアーは、エバーグリーンのリトルマックス

冬とか低水温期の定番、鉄板系バイブですが、もちろん夏でも釣れます。

低水温期と同様にリフト&フォールやボトムバンプでもOKですが、個人的にはシャッドの延長線上で使ってます。

バックウォーターでのシャッド早巻きは定番ですが、同じ感覚で使います。

その後も3回ほどヒットしますが、バラシしてしまって、下手くそが露呈。

エバーグリーン リトルマックス

夕マズメも結局これ

日も傾き始めて、いよいよ夕マズメ。

やっぱり、トップで釣りたいとまたも投げてみますが、無反応。

チョウチンでは出るのに気難しいやつら。

結局、これなのか~とドライブシャッドにチェンジするとやっぱりでます。

小さいですが、この日最大の30cm強のバス君含めて、短時間で4匹。

ドライブシャッド壊れやすいんですかね、消費が激しい。

結果、この日は合計12匹

かけた数含めると、20匹位。。。バラシすぎ。。。

本当に飽きない程度に釣れるのでかなり楽しめる釣り場でした。

次回は、新川を開拓予定です。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

シマノ×ジャッカル 18ポイズンアドレナ 166ML-2

シマノ 18アルデバランMGL 30HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ 14lb

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事