大人も子供も気軽に楽しめるハゼ釣り。
都心から近いところにもポイントは、たくさんあります。

江戸前ハゼというくらい、東京湾は、ハゼ釣りで有名で、食べても美味しいです。

今回は、そんなハゼも釣れて、水族館もあり、公園遊びもできる、葛西臨海公園のハゼ釣りポイントを紹介します。
もちろん、流行りのハゼクラもできますよ。

葛西臨海公園の釣行記は、こちら >> 葛西臨海公園でチョイ投げハゼ

葛西臨海公園のハゼの釣り方

葛西臨海公園でのハゼ釣りでおススメなので、ちょい投げとハゼクラです。
また、ポイントをしっかり選ばないと岩場にすぐに根掛かりして釣りになりません。
しっかりポイントを選びましょう。

ちょい投げ 仕掛け

1号前後の重りとハゼ天秤をつけて、ちょい投げします。
個別に購入するよりも最初は、セットになっているものを購入するのがおすすめです。

延べ竿での足元釣りをしない理由は、手前はほとんどダボハゼで、数もサイズも少し沖の方がいいからです。

餌は、ボイルホタテやボイルサクラエビ、虫が平気なら、青イソメがおすすめです。
青イソメは、上州屋、キャスティングなどの大手釣り具チェーン店に、ボイルホタテやボイルサクラエビは、スーパーに売ってます。

がまかつ うきまろ ハゼ仕掛け

重りもすべてセットになっているモノであれば、どれでもOKです。
重りは、1号~1.5号くらいのものを選んでください。

プロマリン ロッド リールセット

バス釣りや管釣りなど、ロッドとリールがあれば何でもOKですが、釣り道具を何も持っていない方には、こういったセットになっている商品がおすすめです。

ハゼクラ

最近はやっているハゼクラもおすすめです。
基本は、投げて巻くだけなので、ルアー初心者にもおススメです。

ラッキークラフト ディープクラピー SFT BELL

ラッキークラフトのクラピーシリーズは、管釣りトラウトでも非常によく釣れます。
その能力はハゼクラでも健在で、こちらのモデルは、ハゼクラ用にチューンされています。

デコイ トレーラージャック ミニ

ハゼクラの場合は、アシストフック必須です。
フッキング率が全然違います。

葛西臨海公園のハゼ釣りポイント

葛西臨海公園内で、釣りができるのは、BBQ場がある、西なぎさと言われるところです。
さらにその中でも、海側の浜は釣り禁止ですので、注意してください

釣りができるのは、西なぎさ内の臨海公園側の浜と岩場です

橋の右側(公園を背にして)

西なぎさへの橋を渡り、葛西臨海公園を背にして右側30mくらい続く岩場です。
手前は、岩場ですが、その先が浜になっているでの、根掛かりが少なく、ハゼもよく釣れます。
アタリがなくなったら、2m間隔くらいの移動をしながら広範囲に探ってください。

30mくらい先に行くと小さい砂浜みたいになっているところがありますが、それ以上先の岩場は、根掛かり多発なので、おススメしません

橋の左側(公園を背にして)

こちらは、逆側(左)になります。
橋のから、20mくらい離れると根掛かりが少なくなります。
釣り方は、右側と全く一緒です。

あとがき

葛西臨海公園は、ハゼ釣りはもちろん、シーバスやキビレも釣れます。
電車でも車でも気軽に行ける釣り場なので、ハゼのシーズンに是非、足を運んでみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事