デジタル化が進み紙媒体がドンドン減ってきている昨今。

2018年3月20日の発売以来、異例の大ヒットをしている本があります。


日本魚類館

この日本魚類館はどのような本なのか、amazonでのランキングはどうなっているのか?
解説していきます。

日本魚類館とは?

日本魚類館は、日本を代表する魚類の生態や日本と世界の分布、キレイな写真、詳しい説明など、最新の研究結果が反映された、ハンディサイズのお魚図鑑です。

収録されているは、海水魚・淡水魚含めて、なんと1400種

小、中学生は、もちろん、研究者や漁業関係者など、専門かも唸るほどの情報量を持っている図鑑です。

amazonランキングは?

2018年4月11日現在の参考情報ですが、amazonでのランキングです。

本カテゴリー全体 83位
本 > 科学・テクノロジー > 生物・バイオテクノロジー > 魚類学 1位
本 > 科学・テクノロジー > 生物・バイオテクノロジー > 鳥類学 1位
本 > 科学・テクノロジー > 生物・バイオテクノロジー > 動物学 1位

本全体でも83位。
ジャンル別では、1位という圧倒的人気の書籍です。

日本魚類館が人気の理由

それにしても何故こんなに人気があるのでしょうか?

圧倒的な情報量と見やすさ

画像を見てもらえればわかりますが、見やすく情報量がとんでもないです。

用語集もあり、そこまで知識がなくても読む事ができます。

ハンディサイズ

持ち運びやすいハンディサイズなので、釣り人や研究者、漁業関係者にも人気のようです。

天皇陛下も執筆

話題性という意味でも天皇陛下の執筆は、人気の理由の一つでしょう。

天皇陛下は、ハゼ類の研究をされていて、その研究結果は新江の島水族館にも展示されています。

新江の島水族館 「今上陛下のご研究」

尚、陛下の執筆箇所は、チチブの箇所らしいので、是非、確認してみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事