先日購入したダイワの2018年新製品 18カルディアLT2000S-XH

カルディアと言えば、長らくダイワの汎用系リールの高コスパモデルとして君臨してきました。

初めて買ったスピニングリールがカルディアという人も多いのではないでしょうか?

今回、そのカルディアが18年モデルとなってリニューアルされたということで、10年以上使い続け、ボロボロ、シャリシャリ状態となっていた、同じくダイワのトーナメントエアリティーから乗り換えをしたので、使ってみた感触をインプレしたいと思います。

結論

インプレは興味ないという人の為にここだけは読んでほしいので、先に結論を書いてしまいます。

軽量なリールが好きな人は確実に買いです!

この軽さ、性能でこの値段はちょっとダイワさんいい意味でやらかした感があります。

機種は全然違いますが、ベイトリールのタトゥーラSV TW を出した時のような感じ。

よっぽ細部にこだわりなければ、上位機種いらなくない?
というレベル。

ダイワ派、シマノ派関係なくいいリールだと思います。

では、スペック等、詳細が気になる方だけ、↓をどうぞ。

18カルディアLT2000S-XH のスペック

巻取り長さ (cm/ハンドル1回転) 81 ギア比 6.2
自重(g) 170 最大ドラグ(kg) 5
ナイロン糸巻量(lb-m) 2.5-200 / 3-150 / 4-100 PE糸巻量PE(号-m) 0.2-210 / 0.3-200 / 0.4-130
ベアリング(ボール / ローラー) 6 / 1 ハンドル長(mm) 45

インプレ

軽さ

今回、スピニングリールを新調するにあたって、最重要視したのが、自重です。

元々使っていた、トーナメントエアリティーが確か1500番で200gかちょっと切るくらい。

今では、スピニングで200gとか軽量素材を使えば当たり前の風潮ですが、トーナメントエアリティーを購入したのは、10年以上前。

当時で、200gやそれを切るっていうのは、脅威的な軽量化だったのです。

その当時から、ずっと使っているので、軽いスピニングリールに慣れてしまっているので、極論軽ければ、巻き心地とかはどうでもいい間隔です。

そして、実際に購入した18カルディアは、なんと170g

この価格でこの自重。

他にもダイワ、シマノのHPを漁ってみましたが、2000番クラスで170g。

しかも実売2万円を切る

となると他にありません。

これだけで個人的には、購入決定です。

そして、実際持ってみるとやはり軽い。

個人的には、慣れている部分もありますが、スピニングタックルは軽いなら軽い方がいいです。

普段、ダイワのクロノス662L(90g)と合わせてますが、ロッドも軽量なので、振り抜けがよく、ビシッ!とキャストできます。


軽さとコスパを求める人には最高のリールじゃないでしょうか?

巻き心地

今回、お店では一切、見ず、触らずでスペックのみ見て、Amazonで購入しました。

なので、届いたら当然、ハンドルを回して、どんな感じか確かめるクルクルの儀を行います。

そして、ハンドルを回した最初の感想は、「重い。。。」。

重いだけで、巻き心地は非常に滑らかではあります。

ただ、「今のスピニングリールって、ハンドルこんなに重いの?」と思ってしまうくらい。

恐らく、新品なので、グリスがたんまり塗ってあって、その関係で重く感じてるだけだと思います。

実際、2回ほど使ってみましたが、今は重さもなく滑らかです

剛性感

正直、1~2回の釣行で、小バスしか釣っていないので、剛性感がどうとかは言えないのですが。。。

持った感じ、巻いた感じ、全然問題なく、しっかりした作りの印象です。

比較対象がないので、何とも言えないですが、LTコンセプトが活きているように感じます。

少なからず、バスや管釣りトラウト、シーバスで不安になることはないです。

ドラグ

ドラグはかなり滑らかです。

加重によって、しっかり出てくれます。

パワーフィネスや4lb以上のラインを使うなら、少し強めに設定しても急な大物が来た時、全然問題なくドラグが仕事をしてくれそうです。

40cm位のトラウトみたいにあっちこっちびーびー走る魚を掛けたら気持ちいいでしょうね。

デザイン

個人的には、かっこいいと思います。

高級感もある方だと思います

そして、コンパクト。

どんなロッドにも合う色とデザインなので、安心して使えます。

対抗馬

対抗馬としては、シマノであれば、アルテグラとストラディックでしょうか?

ただ、金額的に言うと、二つの丁度中間なので、良い悪いの判断は難しいですね。。。

僕が求めた軽量という意味で行くと、ストラディックは、2000番で200g

カルディアの方が全然軽いので、安くて軽量、剛性もドラグも問題なしときたら、個人的には現状ストラディックを選ぶ理由がありません。

面白いのは、同じくダイワのタトゥーラスピニングと機能も値段もダダ被りなところ。。。

最早、見た目のカラーで決めたらいいレベルに見えてきます。

あくまでスペック上の話なので、実際は、異なるかもしれませんが。。。

総合評価

重さ(自重)
巻き心地
剛性感
ドラグ性能
コスパ
備考 とにかく軽くて高性能、ハイギアモデルなど、番手も多く魚種を問わず使える、超高コスパスピニングリールです。
2018年にこの価格帯でスピニングリールを新調するなら、第一候補に挙がってくるべきリールです。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事