【電車釣行】印旛沼水系 花見川が良い感じ【バス釣り】

2019年5月18日(土)釣行

この日は、普段一緒の釣りガールとは別の女性が釣り行きたいという事だったので同行。

釣れなくても楽しいというタイプですが、それでもいい季節になってきたのでバスを釣って貰おうとサイズは小さいけど釣れ易いポイントに行ってきました。

スポンサーリンク

この日の状況

天気 晴れ
気温(最高/最低) 25℃/16℃
水温 未計測
風速 1~2m
水質 マッディー

快晴だけど適度に風が冷たくて、5月らしい過ごし易い天気。

とはいえ釣りで1日中外にいると流石に暑い。

釣行記

最近、釣れ易いハイシーズンになってきたので徐々に朝型に身体をシフトしています。

なので、ちょっと早めに出発。

とは言え電車移動なので、現地に着いたのは8時前頃。

先行者が1名。

狭いポイントなので、先行者がいると藪漕ぎしないとポイントに入れません。

挨拶代りの1匹目

本命ポイントから少しだけ場所を外しつつ、先行者の邪魔にならない場所でスタート。

藪を漕ぎこぎ。。。

キャストを繰り返すもギルっぽいアタリのみ。

ちょっと浮き気味かな?とルアーチェンジ後の2投目で。。。

小バスゲット。

ルアーは、ジャッカルのフリックシェイク4.8インチのジグヘッドワッキー

ZAPPU(ザップ) インチワッキーPlus iガード 1/32(0.9g)

ZAPPU(ザップ) インチワッキーPlus iガード 1/32(0.9g)

486円(08/20 08:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

その後もすぐにもう一匹追加。

先行者が移動したので、こちらも釣りがしやすい場所に移動。

釣りガールが。。。

釣りがしやすい場所なのでここから釣りガールも本格的に釣り開始。

ルアーはリグってあげて、後はキャストする場所を説明して放置。

初心者はキャストするだけでも一つ一つ手順を確認しながらになるので、最初は、極力頭に入れる情報量は少な目にしてます。

その後は、キャストに慣れてきたと思ったらもっと具体的に理由を添えて、狙う場所やアクションを小出しに教えて行きます。

個人的には、意識してできる部分ってせいぜい、2つくらいだと思ってます。

あそこに投げて、ラインを見て着底したら、チョンチョンってアクションして、糸ふけを取って。。。。なんていっても無理です。

それでわかるのは多分天才。

まずは「あそこら辺に投げて、5秒待って何もなかったらゆっくり巻いて来て」くらいしか伝えません。

って、偉そうなことを考えて釣りしてたら、急にギャーギャー叫び出したので、見たらロッドが良い曲り。

バタバタしながらランディングのお手伝い。

この日最大の38.5cm

20~25cmがアベレージのポイントなので、充分良いサイズ。

初バスゲットでご満悦。

ちょっとうらやましい笑

ヒットルアーは、ゲーリーヤマモトイモグラブ

丁度お昼になったので、休憩。

午後は適度に釣れる感じに

流石にド日中は、バイトが遠のく。

それでも15時頃からはぽろぽろ釣れ始めてきて。。。

計6匹のバスに遊んで貰いました。

ちなみにヒットルアーは、一誠のキャラメルシャッドやゲーリーイモグラブ、ファットイカなど

花見川、新川、毎週のように釣り易くなってます。

スポンサーリンク

タックルデータ

ベイトタックル

19スコーピオン 15101F-5

シマノ 18アルデバランMGL 30HG

サンヨーナイロン GTR-ウルトラ 14lb.

スピニングタックル

ダイワクロノス 662LS

ダイワ カルディアLT 2000S

バークレイ ファイヤーライン1号

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう