ダイワの超名作クランクベイト、ピーナッツ。
安くて釣れるルアーの代表格として、長年、初心者から上級者まで愛されています。

2018年 そのピーナッツに新モデルが追加されます。

その名も、「デカピーナッツ II SSR ブレードチューン

この新型ピーナツはどのようなルアーなのか、紐解いていきます。

見た目(デザイン)


出典 ダイワHP(http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/bass_le/dekapeanut2_ssr_bt/index.html)

なんといっても気になる見た目。
ボディのフォルムや、リップ形状は、デカピーナッツSSR と全く同じです。
しっかり、ピーナッツの可愛らしさを受け継いでいます。

ただし、フロントフックの部分に小型のブレード。
リアフックにスイッシャーのペラがついていて、バーブレスのダブルフックになっています。

スペック

サイズ:60mm
重さ:15.5g
潜行深度:0.1m

重さが、デカピーナツSSRより、0.5g 重くなっています。
これは、ブレードやスイッシャー分の重さでしょう。

特筆すべきは、潜行深度0.1m。
デカピーナッツSSR が0.5m なので、ブレードチューンモデルは、完全なるトップウォーターということになります

デカピーナッツ II SSR ブレードチューン はトップウォーター(ノイジー)ルアー

アクション(泳ぎ)

メーカーHPによると、やはりノイジー系で引き波+音でのアピール力がかなり強そうです。

ベリーのブレードは回転によるフラッシングと同時にボディに当たりサウンドを発生。リアのプロペラもサウンドとバブルを発生しサブサーフェイスでのアピールを強化。
出典 ダイワHP(http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/bass_le/dekapeanut2_ssr_bt/index.html)

動き的には、デプスのバズジェットJrに近いと思われます。
ただし、バズジェットJrは、サイズが、72mmなので、一回り小さいので、使い勝手がよさそうです。

デプス バズジェットJr

使い方

なんといっても、ノイジーなので、5月中旬~のアフタースポーンの時期から11月前半くらいまでの朝夕マズメに効くでしょう。
基本他のノイジーと同じく、カバーや岸際に投げて、着水後、波紋が消える前でポーズからのただ巻きになります。
アシやオーバーハングなどのカバー沿いなら、着水後、軽く2~3回ドッグウォークさせてから巻き始めると効果的です。

そして、なんといっても、フックがリアのダブルフックのみなので、ちょっとしたヒシモなんかにもフロッグ的に使えますし、オーバーハングの奥にガンガン入れても根掛かりしにくい嬉しいルアーです。

ダブルフック1本なので、カバーをガンガン攻められるルアー

価格

気になる価格ですが、メーカー希望本体価格が、1000円です。
デカピーナッツSSRが、800円なので、若干高めですね。
ブレードやぺらがついているので仕方ないです。

デカピーナッツSSRは、ほぼ定価で売られているので、実売価格は、おそらく900円~950円くらいになると思います

それでも、ほかのトップウォータールアーと比べると500円以上安いので、ピーナツのお得感はあります。

通常モデルとくらべると若干高いが、それでも安い。実売価格は、950円前後

ダイワ デカピーナッツ SSR の最新価格はこちら

発売時期

メーカーHPでは、2018年4月となっていますので、もうすぐです。
楽しみですね。

発売時期は、2018年4月
スポンサーリンク

あとがき

カバーをガンガン攻められるコスパ抜群のノイジールアー。
発売が非常に楽しみです。
早くゲットして、インプレもしたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事