2018年11月18日(日)

今年はいつバス釣りを収めるかな~と毎日のように考えていたんですが、今回も結局バス釣りに行ってきました。

場所は、今年のメインフィールドだった印旛沼水系の新川と花見川。

ほとんど小バスでしたが、本当に楽しませてもらったフィールドです。

首都圏で電車で行けて、駅近。

その他諸々便利。

それでこれだけバスが釣れるフィールドは貴重です。

その分、人気で人も多いですが、ちゃんとやれば釣れます。

過去の釣果こちら↓

この日の状況

天気 くもり時々晴れ
気温(最高/最低) 17℃/11℃
水温 未計測
風速 1~3m
水質 マッディー

最高気温は大きく変わらないものの、最近は最低気温がかなり下がってきました。
最低気温が下がるという事は、夜のうちに水温が下がるので、バスも動きが鈍くなってきます。

釣行記

この日は、夕方から忘年会の予定があったので、15時には釣りを上がらないといけない状況。

それでも朝は弱いので、結局現地到着は、10時半過ぎでした。

可能性は低いけど花見川からスタート

この時期の川バスは、基本的に下流の水深があるところに行く傾向があるので、普段やっている花見川の上流方面は期待薄。

ただ、恐らく今年最後のバス釣りなので、状況確認も含めて一応チェック。

鯉しかいません。

かろうじて、小ギルが1匹見えた程度。

居なくはないのかもしれませんが、2時間くらいいろいろ試したものの、ノーバイト。

移動です。

新川下流部

花見川の上流は新川の下流部に非常に近いので、下流部をチェックすることに。

30分くらいした時でしょうか、10m位離れて釣りをしてる友人があたふた。

なんと、30cm位のバスをゲットしています。

嬉しくもあり、ちょっと悔しいですが、ポイントが間違っていないので、集中力が増します。

ちなみにヒットルアーは、ボトムアップのブレーバーのネコリグだそうです

その後、僕にもアタリがありましたが、フッキングせず。

ギルっぽいバイトでした。

バイトが遠のいたので、少し移動。

終了30分前に念願バスゲット

バスが常にストックされているであろうポイント。

まずは友人がネコリグで釣ったので、真似してみますが、ノーバイト。

残り30分だし、これで釣れなきゃしょうがないとルアーチェンジして、1投目。

超デッドスローにズル引きをしてるとコツンッと小さなアタリ。

上がってきたのは、20cm位の小バス君。

いや~よかった~の一言です。

ボウズ回避。

ちなみにルアーは、ゲーリーヤマモトのイモグラブです

いつものです。

またこれです。

さてタイムアップなので、帰ろうか~と話をしてると友人がバスをゲットしてます。

ルアーは、ゲーリーヤマモトのセンコーだそうです

釣れたバス全てに共通してたのが、とにかくスローにワームを動かした事でした。

バスの動きが鈍くなっているってことでしょう。

そんなこんなで、恐らく今年最後のバス釣り終了です。

タックルデータ

主に巻物とファットイカで使用

シマノ×ジャッカル 18ポイズンアドレナ 166ML-2

シマノ 18アルデバランMGL 30HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ 14lb

ネコリグ、イモグラブで使用

ダイワ クロノス662LS

ダイワ 18カルディアLT 2000s-XH

バークレイ スーパーファイヤーライン0.8号

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事