先程、ネットでニュースを眺めていたら、とんでもないニュースを目にしてしまいました。

なんと、あのバス釣り雑誌「ロッド&リール」を発行している地球丸という出版会社が破産したというのです

僕が高校生の時の愛読書は、ロドリとルアマガ。

もう20年近く前です。

ニュースの内容から状況を整理してみました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

破産ニュース

(株)地球丸(TDB企業コード:984557165、資本金3200万円、東京都港区新橋6-14-5、代表大下裕司氏)は、2月27日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は、岩知道真吾弁護士(東京都中央区日本橋室町1-12-15、尾崎法律事務所、電話03-6214-3222)。

 当社は、1985年(昭和60年)6月に設立された出版社。当初は、大手アウトドア出版社の関係会社として、プロダクション業務を担っていたが、95年に出版社として独立、翌年には雑誌『夢の丸太小屋に暮らす』を創刊していた。ルアー&フライフィッシングの専門誌『Rod and Reel』など各種アウトドア専門誌の出版社として知られるほか、『天然生活』の名前で一般誌にも進出。2004年2月期の年売上高は約13億8800万円を計上していた。

 しかし、近時は販売部数が低迷し、2018年2月期の年売上高は約6億2000万円に急減、厳しい資金繰りを余儀なくされていた。2018年には代表の交代を経て、『Rod and Reel』も2018年6月号で休刊になるなど、事業の縮小が続き、今回の措置となった。
 
 申立時点の負債は、債権者約700名に対し約7億1700万円。

ちなみに地球丸のHPを除いてみましたが、まだ破産申請に関する情報は載っていませんでした。

※情報公開され次第、この記事も更新していきます。

設立自体は30年以上前なんですね。

2018年6月にロドリ休刊のニュースを聞いた時も驚きましたが、まさか倒産するとは思いませんでした。

僕が高校生の時は、その時代を代表するようなグラビアアイドルや有名人が表紙なったりする位勢いのある雑誌でした。

インターネットでしかもYouTubeやAbemaTVなどで気軽にプロのテクニックが動画でしかも無料で見れてしまう。

そんな中、わざわざ紙媒体を購入して読むという人はやはり少ないようです。

僕自身も社会人になってからは、ロドリやルアマガは暇つぶしの立ち読み程度しかしなくなっていたのも事実です。

時代の流れと言えばそれまでですが、思い出の雑誌の出版社がなくなってしまうのは悲しいものです。

地球丸の会社概要

名称 株式会社地球丸
[欧文会社名] The Whole Earth Publications Co.,Ltd.
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋6-14-5
電話 : 03-3432-7900 (代表) 03-3432-7901 (営業部)
FAX : 03-3432-8242 (営業部)
資本金 3200万円
設立年月日 1985年(昭和60年)6月11日
経歴 株式会社山と渓谷社の『Outdoor』を編集するプロダクションとしてスタート。
1995年(平成7年)11月、満10年に及ぶ編集プロダクションを終了し、山と渓谷社より円満に独立、出版社となる。同月、株式会社トーハン、日本出版販売株式会社をはじめ、主要取次会社8社との雑誌、書籍の独立口座を取得。
1996年(平成8年) 1月発売の雑誌『夢の丸太小屋に暮らす』から出版社として営業を開始。現在に至る。
業務内容 定期雑誌
『ログハウスマガジン 夢の丸太小屋に暮らす』(奇数月30日発売)
『ロッドアンドリール』(毎月26日発売)
『フライロッダーズ』(奇数月22日発売)
『ソルトウォーター』(毎月21日発売)
『天然生活』(毎月20日発売)

不定期誌
『地球丸ムック』

その他
書籍の企画、編集、販売。
アウトドアスポーツ、登山、スキー、旅行、レジャーその他に関する図書及び視聴覚媒体の企画、編集、販売。ほか。

代表 代表取締役 : 大下裕司
従業員 36名 (男26名 女10名) 2014年10月31日現在
取引銀行 りそな銀行銀座支店(当座)
三菱東京UFJ銀行新橋駅前支店(当座)(普通)
みずほ銀行新橋支店(普通)
取引先 凸版印刷 大日本印刷 図書印刷 共同印刷
トーハン 日本出版販売 大阪屋 栗田出版販売
太洋社 中央社 協和出版 日本地図共販
ツネミ 中央漁具 谷山商事 上州屋 府中屋
電通 博報堂 アサツーDK 三青社 弘報館 ほか
決算付 2月
スポンサーリンク

個人的な思い出

ロドリの元副編集長のモリヤス氏と何度か釣りに行ったことがあります。

モリヤス氏は、ナイトシーバスをやるのにも何故かサングラスを掛けていました。

何が見えるのか不思議でしょうがなかったです。

いろいろお話を聞かせてもらいましたが、すごく印象的だったのは「某メガ○スの社長 伊○さんは、キャストは下手くそだけど、それこそ漁師のようにめちゃくちゃ釣るんだよ!キャストじゃなくて釣りが上手い人だよ!」と熱弁してました。

そんなモリヤス氏は、ボートシーバスで穴打ちする時、バシバシ壁にぶつけてルアーを破壊するほど、キャスト下手でした笑

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事