2018年5月中旬、 最近、行き始めて大好きになっているフィールド、印旛沼の中央排水路にまたもやオカッパリ釣行してきました。

マッディーシャロー、アシや杭などのカバー、オカッパリのしやすさと僕が好きな要素が詰まっているフィールド。

そして、個体数は多くはないんでしょうが、ちゃんと釣りをするとちゃんとバスが答えを返してくれるので、安心できます。

前回は、初めて来たにもかかわず、Dゾーンフライで2匹を立て続けてにゲットした縁起のいい場所でもあります。

この日の状況

天気 快晴
気温(最高/最低) 20℃/13℃
水温 未計測
風速 午前:5m
午後:1~2m
水質 マッディー(いつも通り)

この日は、午前中風がビュービューで、前日から気温も下がり、かなり寒い状況。
午後は、風が弱まり、この時期にあった天候となりました。

釣行記

お約束と言わんばかりに、寝坊しまして、8時過ぎに約束した友人には、先に釣りをしてもらい、最寄駅に着いたのは10時30分過ぎ。

前回と同じく、鉄骨水路からスタートです。

鉄骨水路

前回調子が良かったDゾーンは、別な釣行時に根かかりで紛失。。。

今回は、ボーマーの小さいスピナーベイトで対応しようと思ったけど、シングルコロラドなので、浮き上がりが早く、引きたいレンジが引けず、なんか違う感じ。

鉄骨水路にも慣れてきたので、大好きクランクベイト メガバスのグリフォンMR-Xにチェンジ。

しばらく流していると、グイッと小さめのアタリ。

上がってきたのは20cmくらいの小バスちゃん。

小バスでもその日の1匹目は、特別です。

その後は同じように流しますが、続かず。

ヘラ台周りのシャロー

つづいて、友人がいるであろうヘラ台に向かう。

案の定、友人がいたので声掛けついでに適当気味にキャスト。

僕:「釣れた~?」
友人:「全然だめ」
僕:「俺あっちで小バス釣った!(^^)!」
友人:「マジかよ~」
僕:「来たっ!」
友人:「!!!!?????」

なんとなくキャストの1投目。

なんと、35cm位のバス君が釣れてくれました笑

ヒットルアーは、またもやメガバスのグリフォンMR-X

このルアーは、何でこんなに釣れるのか。

20~30分釣してたポイントで、交通事故的とはいえ釣られたので、友人は嘆いておりました笑

近くのホソと新規ポイント開拓

前回、小バスをバラした近くのホソに移動してみます。

キャストしやすい合流地点は、友人に譲り、アシ際をランガンで。

シェード、川幅が狭まる、木とアシの複合カバーという最高のポイントを発見。

枝にひっかけてチョウチンにして、静かにフォールすると、コツンッとアタリ。

30cm位のバス君。

これくらいが、ここのアベレージサイズっぽいですね。

ヒットルアーは、こちらもいつも助けてもらってる、ゲーリーヤマモトのファットイカ

友人に報告すると、友人も15cmくらいの豆バス君を釣ったのこと。

その後、いろいろポイントを回りましたが、友人が小バスを追加したのみで、この日は修了。

友人のヒットルアーは、どちらもボトムアップのブレーバー5inのネコリグだそうです。

タックルデータ

ダイワ 18ブレイゾン 6102MB

シマノ 17スコーピオンDC 100HG

サンヨーナイロン GTRウルトラ12lb

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事