ここ最近、ネットで話題になっていた出来事。

ノリーズの田辺哲男氏がタバコをポイ捨てした

その真偽がいろいろ騒がれていましたが、その真相は実際どうなのでしょうか。

本当にポイ捨てしたのか?

それとも別なものがそう見えただけなのか?

様々な憶測がありましたが、真相が明らかになりました

事の発端はYouTubeの動画

事の発端は、YouTubeで公開された、ラインで有名なクレハのシーガーチャンネル「2018in津風呂湖 Day2」の動画です。

この動画には、田辺氏を始め、人気アングラーで、同じくノリーズの伊藤巧氏や吉田撃氏、吉田遊氏の兄弟が出演する人気シリーズです。

ヤングチーム(伊藤巧氏、吉田撃氏)とアダルトチーム(田辺氏、吉田遊氏)のバス釣り対決動画で過去には霞ヶ浦での対決もありました。

今回は、奈良県の津風呂湖で対決という動画でした。

尚、問題なったDay2の動画はシーガーにより削除されていますが、Day1や過去の動画は今日現在ではまだ見れるようです。

問題の場面

現在、対象の動画が見れないのですが、JCASTニュースの記事に詳しく書いてあるので、引用します。

「おー、おー。デカい、デカい、デカい!」。一緒に乗船した別のプロが、ブラックバスをヒットさせ、興奮ぎみにこう叫ぶ。その後ろで、バス釣り界の重鎮としてメディア露出も多い田辺哲男(のりお)プロ(60)が、疑似針のルアーを手元にたぐり寄せ、腰を曲げて釣り竿を下に置く。

その瞬間だった。右手を振り払うように、タバコのような白いものを手から離し、それは湖面に落ちた。

この動画は、「シーガー」シリーズの釣り糸で知られるクレハ合繊が2018年9月19日にユーチューブ上にアップした。田辺プロら4人が2チームに分かれて、奈良県内の津風呂湖でバス釣りの腕を競ったものだ。

ところが、田辺プロがタバコをポイ捨てしているように見えると、翌20日ごろからツイッター上で指摘があり、釣りファンらの間で騒ぎになった。

田辺プロは、釣り雑誌などでゴミのポイ捨てなどを厳しく戒め、マナーの向上を呼びかける発言をしていた。それだけに、「もし本当なら残念だ」「バス釣りやってる人はマナーが悪いって思われちゃうな」「きちんと謝罪なり弁明なりお願いします」といった書き込みが相次いでいる。

何故こんなに話題なったのか?

話題になった原因は、2つあると思います。

1つは、田辺氏が日頃からマナーについて伝えていたこと。
もう1つは、田辺氏の実績と釣り具業界への貢献です。

日頃からマナーや釣りの将来について真剣に考えていた

田辺氏は、日頃から釣りで問題なっているゴミ問題について「持ち帰るように!」といろいろな場面で伝えていました。

マナーを守ろうと伝えるのは他のプロや雑誌の取材を受けてる方はほとんどされています。

ただし、田辺氏が少し他の方と違うのは真剣にバス釣りの未来を考えるなら「レンタルボートで釣りをしよう!」と伝えていた事です。

レンタルボート(マイボート含む)で釣りをすることでボート屋さんやスロープを管理している管理者(組合)にお金が落ちる。

その地域にお金が落ちていくことでバス釣りやブラックバスへの見方も変わってくる。

釣り人、釣り場近辺の住人や商売人、ブラックバスの共存をずっと考え伝えてきていました。

ゴミじゃなくてお金を落とそうという伝えていたのです。

実際に田辺氏がオカッパリをしているのを見た記憶がありません。

真剣にバス釣りの未来を考えている姿勢やフィッシングスタイルに共感された方も多く、田辺さん自身もプロデュースするノリーズというルアーメーカーも人気でした。

そんな田辺氏が、タバコのポイ捨てをしたなんて信じられない!というのもあり話題になったのだと思います。

実績と貢献

様々な国内プロトーメントに出場し、優勝、入賞。

そして世界最高峰のアメリカバストーナメントに参戦。

その中でも世界一を決める舞台、BASSバスマスタークラシックで6位入賞。

間違いなく、バスフィッシング界のパイオニアの一人であり、多大な貢献をされてきた方です。

自身のメーカー ノリーズも大人気メーカーの一つです。

ポイ捨ての真相は?

では実際に田辺氏は、タバコをポイ捨てしたのか?

答えは、YESです

本人も認めており、謝罪文も公開されています。

こちらもJCASTニュースに詳しく書かれているので引用します。

田辺哲男プロの行為について、クレハ合繊は10月1日、J-CASTニュースの取材に対し、シーガー営業部の担当者がこう説明した。

「本人から返答があり、実際にタバコがポイ捨てされていたと確認しました。ポイ捨ては、やってはいけない行為ですので、よろしくないことだったと理解しています。今後は、ゴミの取り扱いなどについて、注意や指導を徹底させていきたいと思っています」

バス釣りには、カメラマンも同行したが、はっきりと気づかなかったという。田辺プロが過去にもポイ捨てをしていたかについては、分からないとしている。

今回のことは、9月21日に動画の視聴者から指摘を受け、田辺プロに確認したうえで、この日のうちに削除したことを明らかにした。

本人の謝罪

ノリーズのHPには、「田辺哲男からの発信」として謝罪の文書が公開されています。

皆様へ

今回、動画撮影中にあわてた場面においてタバコを湖面に投げてしまった件で、多くのファンの方々にご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
火種を含む先端部分だけなら自然を害することはないだろうと個人的に思い込んでいたがゆえに起こしてしまった私の軽率な行動で、釣り業界全体の皆様にご迷惑をおかけしてしまった事、そして多くの方々に不快な思いをさせてしまった事に対し、深くお詫び申し上げます。
今後このような事がないように十分気をつけると共に、釣り人を牽引する立場の人間として自覚を持った行動を行い、実体験を通して得たしっかりとした道徳観の普及に努めてまいります。
この度、皆様からの貴重なご意見をいただきましたことにお礼申し上げますとともに、重ねてお詫びいたします。

あとがき

僕自身も田辺氏のフィッシングスタイル、ノリーズというメーカーが好きなので、非常にショックです。

ノリーズのロードランナーも最高のロッドの一つだと思っていて3本所有しています。

他のプロではなくこれまで業界に多大な貢献をされてきた、田辺氏だからここまで大事になってしまった感はありますが、今後も一ファンとして応援したいプロの一人です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事