2ピースロッドと同じく、よりコンパクトに持ち運べるパックロッドの需要が増えています。
バイクや自転車での釣行には、必須と言ってもいいでしょう。

パックロッドとは言え、1ピースモデルとほとんど変わらない、重量、感度、強度がありますので、普通に使っていれば不良品以外は、まず折れません。
継数が多い分、キャストしていると継ぎ目が少しずつずれていきますが、1日釣りをして、2~2回 直す程度です。

とはいえ、パック(マルチピール)ロッドの定義が非常にあいまいです。
2ピースも3ピースも4ピースもマルチピースです。
なので、今回は、多少はみ出ても、リュックに入れられるサイズ、仕舞寸法が60cm以下のロッドをパックロッドと定義して紹介します。

※2ピースロッドが気になる方は、こちらの記事がおすすめ >> 2018年度版 おすすめ2ピースロッド

シマノ

ワールドシャウラ ツアーエディション

現在、シマノで唯一のパックロッドは、ハイエンドモデルのワールドシャウラです。
海外の怪魚もターゲットに入れているので、バスで使い勝手のいい番手から、スーパーヘビーなモデルまであります。

実売価格で1~1.5万円程度が多いパックロッドの中で、5万円以上という価格です。
金額は気にせず、とにかく性能が1番いいものを!という方におすすめです。


ワールドシャウラ ツアーエディションの最新価格はこちら↓

ダイワ

モバイルパック

ダイワのテレスコピック(振出)ロッドです。
テレスコなので、感度はどうしても若干落ちてしまいますが、その分、仕舞寸法が50cm強とコンパクトになります。

実売価格で1万円前後。


モバイルパックの最新価格はこちら↓

B.B.B(トリプルビー)

こちらもテレスコピックロッドです。
仕舞寸法が、40cm強なので、リュックサックにすっぽり入るコンパクトさが売りです。
専用のバッグとセットモデルもありますが、3万円くらいするので、おすすめできません。
ロッド単品だと、1.5万円と若干高めですが、とにかくコンパクトなものを求めている方に1番おすすめです。


トリプルビーの最新価格はこちら↓

アブガルシア

ホーネットスティンガープラス

アブは、パックロッドのモデルが非常に多く、また、値段も1.2万円前後と買いやすいので、現状、パックロッドの中では1番おすすめできます。
ビッグベイト用やベイトフィネスよう、2018年発売のテレスコピックモデルなど、ほかのメーカーにないラインナップです。
パックロッドしか選べないけど、自分の釣りスタイルが明確な人には、最適です。
ロッドの感度、強度も1ピース、2ピースと遜色ありません。


ホーネットスティンガープラスの最新価格はこちら↓

ワールドモンスター

世界の怪魚を視野に入れているモデル。
海外遠征で1ピースだと追加料金を取られたり、破損、紛失の恐れがあるので、機内に持ち込めるパックロッドは強い味方です。
怪魚ハンター達も使用している安心なロッドです。

海外遠征やバスに限らず、大きな魚をメインに狙う人におすすめです。

実売価格は、1.8万円前後


ワールドモンスターの最新価格はこちら↓

メガバス

オロチ カイザ

メガバスのオロチカイザは、2ピースもありますが、こちらの4ピースモデルもあります。
オロチシリーズは、オリジナルのデストロイヤーのようにパリッパリッよりも少しマイルドになっていて、扱いやすくなっています。
実売価格で、2.2万円前後とパックロッドにしては、少し高級ですが、メガバス好きにはおすすめです。


オロチ カイザの最新価格はこちら↓

メジャークラフト

ベンケイ

低価格でしっかりしたロッドをつくるメジャークラフトの4ピースロッド。
ベンケイはオカッパリに人気のシリーズです。
実売価格で1.2万円前後。


ベンケイの最新価格はこちら↓

テイルウォーク

アウトバック

知名度は、他メーカーに劣るかもしれませんが、ロッドはしっかりしたものを作ってるテイルウォークのパックロッドです。
あまり触れる機会がありませんが、番手も多く、シンプルで飽きが来ないデザインになっています。
実売価格は、1.8万円前後。


アウトバックの最新価格はこちら↓

バレーヒル

バズトリクス パッカー

このロッドは、感度はそこまで高くないですが、ティップがしっかり入り、バットはしっかり粘る、扱いやすいロッドです。
巻物中心の方におすすめです。
実売価格は、1.3万円前後。


バズトリクス パッカーの最新価格はこちら↓

ツララ

ジェットセッター

ツララもワールドシャウラとコンセプトが近い、世界を釣るロッドです。
世界の怪魚にも負けないロッドです。
ただし、価格も5万円以上とワールドシャウラと同等になります。


ジェットセッターの最新価格はこちら↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事